契約時に発行される書類は熟読する

契約時に発行される書類は熟読する

Category : blog

資金を調達したいと思う場合、銀行が検討される事は多々あります。手数料が比較的低めですから、みずほ等を検討する事もあるでしょう。しかし、そういった銀行ではなくノンバンクが検討される場合があります。なぜなら、そこは早さに関するメリットがあるからです。大手の銀行と比べれば手続きもスピーディーですから、確かに悪く無い選択肢と言えます。

ただし契約に関する確認は、やはり徹底しておくべきです。特に契約手続きにて発行される書面は、確認必須と言えます。金融会社と正式契約をしますと、必ず書面が交付される事になります。それに対して、同意できるか否かが大切なのです。同意できない要素があるか否かは、よく熟読するべきでしょう。それが、後々のトラブルを防止できる事につながるからです。

基本的に契約に関するトラブルは、捺印の有無がポイントになります。そもそも捺印をしていなければ、大きな問題が発生しない事は間違いありません。一刻も早い資金調達が求められる時でも、できるだけ書面は入念に確認しておくべきでしょう。

 

銀行カードローンも一般的に見ると適用金利が低いとは言えない

銀行カードローンの適用金利は14~15%が基本なので消費者金融の18%に比べて大幅に低く設定されています。適用金利が低く設定されていれば加算される利息も少なくなるので返済の負担を軽減する事が出来るというメリットになります。

また銀行カードローンは返済方法のプランが複数あるので自分の都合に合わせて返済する事が出来るのでその辺りもメリットに感じる人が多いようです。しかし適用金利が低いから借り過ぎていいというわけでもないので注意しなければいけません。

適用金利が14~15%というのは消費者金融に比べると低く設定されていますが、一般的に見ると低い設定とは言えません。

そのため銀行のカードローンでも借り過ぎてしまうと借金が膨らんでしまい返済が困難になってしまう可能性があります。最近ではホームページで返済シュミレーションが出来るようになっているので利用して返済計画を立てるようにしましょう。

東京の主要都市である新宿や渋谷などにはたくさんの銀行があってカードローンを利用する事もありますが、計画的に利用するようにしましょう。

 

注意が必要!はじめてのコレクションで、即決、購入には危険がいっぱい!

東京ガールズコレクションなどに代表されるファッションショーで、当日、人気モデルが着ているファッションを携帯電話の通販サイトからすぐに購入できるというモバイル通販が人気になっています。

入念に試着を繰り返したり、実際の洋服を手にとったりしながら、現金やセゾンカードなどのクレジットカードで購入していた世代から、はじめての洋服でも、憧れのモデルが着ていた商品を携帯でパッと購入を決める、早く決断できる世代へと変化しています。

しかし、これには大きな問題も潜んでいます。見た商品をすぐに決断し、ひらめきで購入することは、自分の直感に頼るようになり、やがてインスピレーションを感じない商品には目もくれない状況になるでしょう。同様に、じっくり選ばないことが定着すると、全てのことに迅速さが求められるようになり、現金を持たない考えが定着する可能性もあります。

パッとひらめきで行動し、何でも、携帯やクレジットカードで購入することは、危険です。現に、若者の借金による過払い請求も増えています。

早い行動も魅力的ですが、じっくりと選ぶ、考えることも重要ですね。