カテゴリー: 肝臓と健康

カテゴリー: 肝臓と健康

Category : 肝臓と健康

一般的に肝機能を悪くするのはアルコールが原因だと思われています。
確かに健康診断を受けて血液検査の結果で肝機能の数値が低いと
アルコールを控えるように医者から言われる事が多いです。

ですが、実際は肝機能を悪くする原因はアルコールだけではありません。
実際は食事が脂肪分が多い物を食べているとそれでも肝機能に悪い影響を与えます。

実際にメタボになっている人の多くはアルコールもそうですが、そもそも食生活が乱れていて
そのせいで肝臓を悪くしている事も往々にしてあります。

それは大学病院で精密な血液検査を受けた時にどういう原因で肝機能の数値が悪くなっているのか
しっかり聞けば分かる事です。特に最近は見た目歯メタボでもないのに食生活が悪くて
肝機能の数値が悪くなっている人もいます。

そういう人は隠れメタボと言って見た目は痩せているのに、実は食生活が乱れている
というパターンなのでメタボの人以上に特に気を付ける必要があります。

 

肝臓にいいサプリで肝機能改善

糖尿病は血糖値が高くなる病気で、合併症などを引き起こす危険性が高くなります。予防や改善の為には、血糖値を上げる原因ブドウ糖の代謝を促すことが大切です。肝臓は糖質や脂質、たんぱく質、炭水化物などを栄養として使える物質に変えたり貯蔵する働きがあり、これにより様々な臓器の新陳代謝を行えるようにしています。

その為、肝臓が正常に機能するように食生活の改善や、肝臓にいい成分を摂取するのが大切です。肝機能を高めるにはタウリンが効果的で、特に牡蠣に多く含まれています。牡蠣を始め食事からでは充分な量を摂取するのは難しいので、サプリなどでの摂取が効率的です。http://肝臓サプリ比較.xyz/のように比較して決めると納得いくサプリに出会えます。

タウリンは肝臓から分泌される、胆汁酸の分泌を促進する働きがあります。そして、胆汁酸にはコレステロールを排出する働きがあるので、血中コレステロール低下の効果があります。更に、肝臓に蓄積された中性脂肪を排出する作用があり、肝脂肪の予防に繋がります。肝臓の負担が軽くなれば、肝機能が正常に機能するので糖尿病を始め、様々な病気の予防に効果が期待できます。